法律相談のご予約

代表弁護士・税理士 宮内正広

経営者の相続~その1~

今年で、団塊の世代(1947年~1949年生)の方全員が70歳を迎えることになり、日本は本格的な高齢化社会となりました。

相続問題は昭和の頃からありましたが、5年程前からでしょうか、私も相続関係のご相談を受けることがかなり多くなり、今現在、少なくない数の案件を解決へと進めています。

元号は平成から令和に変わりましたが、相続は、古いが「新しい」問題といえそうです。

「法律を力に」は、個人事業者や会社経営者の皆様に向けてのレターですので、相続の観点からは、皆様が営んでおられる営業(会社)の継承(いわゆる「事業承継」)の問題が重要になってきます。

すなわち次の点です・・・

① 事業を継承すべきか、それとも自分の代で廃業すべきか? 

② 継承すべきだとしても、相続に伴う税金相続人の権利調整の問題、後継者問題を含め、果たして継承できるのか? 

③ 継承する最も上手い方法は何か? 

私も、この「事業承継」の問題はいずれ取り上げていきたいと考えていますが、「事業承継」はかなり専門的な内容になり、前提として、相続の基本的な仕組みや勘所がわかっていないと、なかなか理解が簡単ではありません(ただ、基本を押さえていけば大丈夫!)。

そこで、相続の入門的な事柄をまずお話したいと思いましたが、紙面が尽きてしまいましたので、このお話は次回以降に・・・

なお、私が開設しておりますサイト 「弁護士による事業再生・再建」には負債問題の対処方法など、いろいろな情報をお知らせしていますので、ご参考にして頂けましたら幸甚です。

Book Review

「脳はなにげに不公平」 (著者:池谷裕二  朝日文庫)
脳の勘違いの1つに、人は自分を実際よりも高く評価してしまうことがあります。この勘違いが作られる仕組みは、犬がエサが欲しくて「お手」を覚えることと同じだそうです。。。

皆様のご感想・ご意見をお待ちしております。

東京大塚法律事務所
  • 〒170-0013東京都豊島区東池袋5-38-7クリオタワー大塚台1407
  • 03-6907-484003-6907-4844
  • 執務時間月曜日〜土曜日9:30-18:00(日・祝応相談)

法律相談のご予約

ACCESS

JR山手線
大塚駅徒歩5分
池袋駅徒歩12分
都電荒川線
向原駅前

東京都豊島区東池袋5-38-7クリオタワー大塚台1407

TOP