顧問、契約書作成、人事・労務問題、債権回収、倒産・再生、遺言・相続、不動産、債務整理、交通事故に関するお問い合わせは「東京大塚法律事務所」へ

交通事故の被害に遭われた方へ

交通事故による損害には、物的損害と人的損害の2種類に分けらます。

まず、物的損害は、車の破損などの被害です。このような被害にあった場合には、修理費、修理期間の代車料などを、過失の割合に基づき、相手や相手の保険会社から支払ってもらうための示談交渉が必要となります。

また、被害にあった車が新車で購入したばかりだった場合などは、売却の際の価値が下がってしまったわけなので、この代償をどうするかといった問題が生じることもあります。

次に、人的損害ですが、これは文字通り人の受けた損害のことです。

つまり、事故によって生じた障害に関する損害等・・・具体的には治療費、後遺障害などに伴う慰謝料、逸失利益(事故に遭わなければ将来得られたはずの利益のこと。休業損害など)など・・・、請求するための示談交渉をしなければなりません

自分自身や家族が交通事故にあって苦しんでいるのに、相手方や保険会社との交渉が思うようにいかないと、さらに辛い思いをすることになります。また、場合によっては相手方次第では、相手方にばかり都合の良いように言いくるめられてしまうことも少なくありません。

このようなことにならないためにも、交通事故に関しては、早期に弁護士に相談し、解決を図ることをお勧めします。



交通事故を起こしてしまった方へ

注意して運転していたのに、不幸にも事故を起こし、相手方の車を傷つけてしまった・・・
相手方に怪我や後遺障害を負わせてしまった、または相手方が亡くなってしまった・・


このような場合には、当然おかした過ちに対する責任をとらなければなりません。

具体的には、民事においては車の修理費、修理期間の代車料などの物的損害や、治療費、後遺障害などに伴う慰謝料、逸失利益(事故に遭わなければ将来得られたはずの利益のこと。休業損害など)などいった人的損害についての賠償責任が生じます。

しかし、もちろんあなたにも事故の過失割合について言い分があるでしょう。
これをどのように相手にわかってもらえば良いのかという問題が生じます。

また、あなたのスピード違反や飲酒運転が原因で、相手方に怪我を負わせてしまった場合には、行政上の責任や刑事上の責任を負わなければならない場合はあります。

これらの責任は、一般的に多大な精神的肉体的ストレスを伴います。
これらの責任はどんなに重く、辛いものかと思います。

弁護士は、事故を起こしてしまった方の今後の責任の取り方を正確にアドバイスし、心の負担を和らげ、被害者に対する誠意ある対応をサポートします。





交通事故関連ページ

■交通事故

■交通事故にあったら

■賠償金請求

■高次脳機能障害

■示談交渉を弁護士に依頼するメリット