顧問、契約書作成、人事・労務問題、債権回収、倒産・再生、遺言・相続、不動産、債務整理、交通事故に関するお問い合わせは「東京大塚法律事務所」へ

遺言書作成

遺言書は、自分が死亡したときに自分の財産を誰に取得させるか等
生前にあらかじめ決めて書き残すものです


遺言書の必要性

確かに、自分の死を前提とする文書は、気持ちの良いものではありません。
しかしながら、自分の死後、配偶者や子供たち、あるいは両親、兄弟等が皆様の遺産をめぐって争うようなことは是非にも避けたいものです
また、後に残された者もあなたのご意思・お気持ちを知りたいと思うものです。

お父さんは、あるいはお母さんは自分のことをどう思っていたのか、後に残された者のためにもお気持ちを明確に残すことが必要かもしれません。

あるいは、皆様が法定相続人以外の人に遺産を残したいとお考えの場合もあろうかと思います。この場合、遺言書が無ければその人に遺産を残すことが難しくなります。

このようなことを考えますと、ある意味遺言書は先に旅立つ人の責任といえるものかも知れません。


遺言書の注意

遺言書はご自分でも書けますが、一定の要件を満たしていないと無効になってしまうリスク(危険)のある文書ですので、注意が必要です。

当事務所では、皆様のお気持ちを十分にお聞きし、ご希望が実現するよう検討を重ねた上で
遺言書を作成しております。

遺言書には、遺言者ご本人の手書きによる自筆証書遺言の他各種のものがありますが、検認手続きが不要であること、間違いが少ないこと、費用も多額に亘らないことから公正証書遺言をお勧めしております。





遺言・相続関連ページ

■遺言・相続

■遺言書作成

■遺産分割

■相続放棄

■成年後見