顧問、契約書作成、人事・労務問題、債権回収、倒産・再生、遺言・相続、不動産、債務整理、交通事故に関するお問い合わせは「東京大塚法律事務所」へ

民事再生

  民事再生は、債務者が資金に行き詰まったり債務超過の恐れがある場合に、裁判所の関与の下で、経営権はそのまましながら事業の再生を図る方法です。 
  詳しくは、専門サイト(事業再生ネット)をご覧いただければと思います。
再生実績紹介ページでは、民事再生を進める上で多くご質問をいただく
   ① スポンサー
   ② 経営者のご自宅の取扱い
   ③ リストラ(人員削減)
   ④ 別除権協定
についても、当事務所の経験を踏まえ説明しております。 

  以下では、概略にとどます。



民事再生の魅力(メリット)

  民事再生の何よりの魅力は、債務の支払を原則として全て一時棚上げして再生計画の作成に取りかかり、債務の免除(カット)を中心とする再生計画案を、債権者の多数決で実行できる点です。

  資金が苦しい会社を再生するには、まず支払(資金流出)止め、善後策を検討する時間を確保する必要がありますが、民事再生では法律により再生債務の支払いが禁止されます。
  そして、最終的に、債務の大幅な免除を勝ち取ることができれば、資金繰りは急速に回復し会社の再建が成功するのですが、当事務所では、総債権額の90%以上の免除を実現した取扱例もございます。
  また、債権者一人の反対者で再建がとん挫するようでは実際上再生はできないに等しくなりますが、民事再生では、多数決で再生計画案を可決できますので少数の反対者が存在しても再建が可能となります。

  このように民事再生は、資金繰りに苦しむ会社の再建策として絶大な効果があります
  そのほか、民事再生は経営者の皆様が経営権を手放すことなく(つまり、代表者継続したままで)再建を進めることができる点も魅力的です。
  詳しくは、専門サイト(事業再生ネット)をご覧ください。



経営者の連帯保証

  経営者の皆様の大半は、金融機関からの借入他会社の負債について連帯保証をしておられると思いますから、会社の経営不振という事態に直面したとき、会社はもちろんですが、ご自身びに家族の将来を考え厳しい状況に置かれることになります。

  民事再生は会社に限らず、個人でも可能です。
  状況によりますが、会社が経営不振という現状にある以上経営責任は否めませんので、ここは一歩退いて経営者の皆様も民事再生の適用を受け、負債(保証)の処理を考えて良いかも知れません。
    民事再生により会社の再生が成功すれば、経営者ご自身も引き続き再生会社の経営を続けることにより新しい人生を構築することが可能となります。

  なお、ご自宅の取扱いについては、専門サイト(事業再生ネット)の再生実績紹介ページ中の下方に説明しております。



当事務所の取組み

  民事再生の申立直後は、これを知った債権者への的確な対応が後手に回りますと通常業務に混乱が生じかねません。
   この点、当事務所は
豊富な経験から一歩先を的確に予測し、適時、適切な対応を重ねて現場を収め、迅速に手続きを進めて参ります。
  また、当事務所は、「あなたの力になりたい」を理念としておりますので、弁護士費用につきましても皆様の経済的事情に十分配慮させていただき、分割払ほか状況に応じ柔軟に対応することをお約束させていただいております。

  当事務所は、民事再生に踏み切ることにより、見事に再生を果たされた会社並びに経営者の方を多数存じ上げております。
   皆様、以前より強く逞しくなられ、再生後の会社においても敏腕をふるっておられます。逆境での経験が、その後の経営にプラス材料となっているのだと思われます。
   私達は、そのような経営者の皆様のかけがえのない再生に是非お役に立ちたい。全力をもって、皆様のサポートを致します。

 




再生・倒産関連ページ

■倒産・再生

■民事再生

■破産

■特別清算